新着順:7/867 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

こめ様

 投稿者:コルセットミュージアム  投稿日:2018年 1月10日(水)13時28分5秒
  通報
  大変お待たせいたしました。


足の変形が進むと、動き出しの痛みが出ます。
動き出すと徐々に痛みは軽くなります。

足首のレントゲンですが、変形具合は判断が難しいと思います。
骨と骨が重なりあうのでなかなかわかりません。
左右のレントゲンを比べることも大切です。
また、年齢を加味すると、年齢の範囲ということで正常と判断されるケースもあります。
MRIで関節を絞って撮影するとわかることがあります。

一度変形した軟骨は、もとに戻りません。
朝の動き出しの痛みは、軟骨損傷特有のもので、血液の循環障害がが原因です。
温めるとよくなります。
痛みを我慢して歩くと変形が進みます。
動き出すと痛みが軽くなるので、運動不足と勘違いして運動をすることで変形が進む
方がいます。
痛み止めを使うと、痛みがなくうごけますが、プロレスラーが痛み止めを飲んで試合
に出るようなものなので変形をすすめます。

また、就寝時のサポーターの件ですが、着用しない方がよいです。

参考にしていただけそうでしょうか。
 
》記事一覧表示

新着順:7/867 《前のページ | 次のページ》
/867